FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

仇討禁止令 #菊池寛

仇討禁止令



大正から昭和初期に小説家・劇作家として、また「文藝春秋」を創刊し雑誌発行人としても活躍した菊池寛の小説。幕末の高松藩では佐幕派と勤皇派で意見が分かれていた。あくまでも佐幕を貫こうとする家老成田頼母に対し、若い勤皇派の武士は暗殺を企てる。成田の遺児万之助とお八重は父の敵打ちを遠縁の天野新一郎を頼って図ろうとするが実は彼こそが頼母を討った本人であった。







上の解説だと万之助とお八重が主人公のようだが、実際は敵である天野信一郎が主人公であり、自らが敵であることを隠したまま二人と向き合わなければならない新一郎の苦悩が描かれる。

全てを打ち明けるのか、それとも真実を隠したまま仇討を諦めさせるのか

ものすごい急展開で結末を迎える。それはきれいな形でなければ、すっきりする終わり方でもないけれど、落としどころというかこの状況をうまく収めるにはこれしかないのかと納得させる。

この結末があって、新一郎が主人公であることの意味がわかる。万之助が主人公だと納得させることはできない。



三省堂書店オンデマンドインプレス青空文庫POD[NextPublishing]仇討禁止令(シニア版)






にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへにほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ



本も電子書籍も送料無料の総合書店「honto」

新進気鋭の作家が集結!【星の砂文庫】

こんなに簡単!店舗向けホームページがすぐ始められる「グーペ」

月額900円(税抜)から、高速・多機能・高安定レンタルサーバー『エックスサーバー』

WordPressやEC-CUBEを簡単ワンクリックインストール!マルチドメイン対応レンタルサーバー【シックスコア】






関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文
ジャンル : 小説・文学

tag : 菊池寛

2018-01-14 : 小説 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »
pingoo
Pagetop

検索フォーム

カテゴリ

PR

楽天

ブログランキング

アクセスランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。